正規で雇用してもらうルート

安定した働き方を求めるなら、やはりパートやアルバイトといった非正規雇用の形ではなく正社員としての働き方を目指すものかと思います。収入的にも安定した形になり、社会保障も非正規雇用より充実しています。今現在の収入だけではなく、老後の生活なども考えれば、若い内に正社員採用を目指すメリットが大きいです。

しかし、就職氷河期の流れから、こうした安定した働き口の求人はかなり少なくなっています。希望の職種に限るとほとんどないという場合もあります。それでも安定した働き方を望むなら別のルートで仕事探しをする必要が出てきます。中には、アルバイトなどの形で働き始め、その働きを認めてもらい本格的に採用してもらうという方法もあります。

派遣などでも同様のしくみがあります。これを紹介予定派遣と呼び、派遣された会社でそのまま本採用されることを前提に派遣として働く方法です。同じアルバイトや派遣で働くなら、こうした可能性のある求人を探してみるのが良いでしょう。会社側としても使える人間かをきちんと判断でき、採用された側も実際にそこで働いてみることで適性や条件について良く知ることができます。

年齢的に若ければ、トライアル雇用という形で求人が出ていることも多いので、仕事探しの際にはそういったところもチェックしながら進めていくといいでしょう。仕事探しの際、担当者に正社員を希望しているという事を伝えることも大切です。それによって使える制度や条件に合う求人を紹介してもらいやすくなります。もちろん資格取得など自分の価値を高める準備はきちんとしておくことも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です