注目が集まる介護業界

長年フリーターをしていて正社員を目指す場合、需要の高い福祉等の仕事を選択肢に入れることをオススメします。一般の企業であれば、履歴書に穴が空いている時点で相手にされることは少ないものです。

中でも、人材確保が急がれている介護業界なら、たとえニートやフリーターをしていて履歴書が真っ白だったとしても、やる気次第で採用してもらえる可能性があります。未経験でももちろん歓迎してもらえますし、三十代や四十代で介護の世界に飛び込んで来る人も多いです。介護は、高齢化が進むことで将来性が高い点も見逃せないポイントです。

最初は、介護職員初任者研修という簡単な研修を受けてスタートすることになります。そこから実務経験を経て、介護福祉士などにランクアップしていくことになります。政府がどんどん上級資格を作るように推奨しており、今では認定介護福祉士という資格も登場してきました。より専門性の高い仕事を任せてもいい人を認定する資格であり、こうした資格を取得すれば、もちろん年収にも反映されていきます。実務経験が必要になるので、決して簡単ではありません。しかし、根気強く仕事を続けていれば、将来的には報われる可能性の高い業界だといえます。そうした背景もあり、若者たちから注目が集まりつつあります。

認定介護福祉士になれば、事業所のリーダーとして活躍でき、ゆくゆくは事業所の長になることも不可能ではありません。また、ソーシャルワーカーと協力をして地域全体の介護の質を上げていく取り組みにも参加できます。正社員として新たな道を歩みたいのなら、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

介護業界が気になる方は、ぜひこちらも参考にしてみてください。→『憧れの正社員を目指して!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です