正社員になる上で覚悟しておくこと

一般的にボーナスや福利厚生の面で、正社員は非正規雇用に比べて優遇されています。また倒産や大幅な人員削減を除いて、首を切られる時は非正規雇用からという傾向も見られます。こうした点から正社員を希望する人は多いですが、採用する側からすると定年まで雇用を前提と考えるため、自ずと採用基準は高くなりがちです。

審査基準は会社によって多少違ってきますが、まず第一に年齢が若い事を求められる事がほとんどです。なぜなら今後仕事のノウハウを教え込んだ後、会社に貢献してもらうには若い方が良いからです。更に企業の中には自社のカラーに染めたい会社も多いため、まだ色の付いていないという点でも若い人が有利なのです。

業務面では、会社の未来を背負う人材になる事を期待されるため、与えられた仕事にプラスアルファができるかも求められます。例えば伝票を入力する仕事一つでもただ入力するのではなく、次回から仕事をやりやすくする為に改善したフォーマットを作るといった姿勢です。自分で考えて動ける人が求められます。

基本的に正社員は、非正規雇用に比べて身分保証がされています。その分、責任が伴ってくることは頭に入れておくべきです。残業や人事異動等もなるべく受け入れないといけません。こうした事を踏まえてそれでも正規雇用に拘るなら、応募する時に自分の経験や特技を生かして会社にとってどう利益になるのかを的確に伝える事です。安定しているからと安易に正規雇用を求めるのではなく、仕事ときちんと向き合う覚悟を持って面接に挑みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です